秋華賞2015で狙うべき馬

京都競馬場は直線の短い内回りコースです。そんな中でプラスに働くのがトーセンビクトリーだと考えています。器用さが生きるコースであり確実に脚が使える馬にとって最適なコース。夏を越しての成長が見られ血統背景もしっかりした良血なので狙いが立つ根拠が十分にあります。

全兄たちは重賞ウイナーでありG1こそ手に届いていないものの大舞台で2着に入るなど本番に強い血統。母もエリザベス女王杯を勝つなど確実に成果を期待できる血統と言えます。特にキングカメハメハ産駒ではアパパネが牝馬三冠をとっているようにコース相性も抜群。

母父としてもキングマンボは大活躍しており秋華賞を勝つために生まれてきた馬と言えると思います。ディープインパクト産駒のオークス馬ミッキークイーンは強敵ですが調教師や騎手は自信のコメントを連発して態勢が整っているようです。

揉まれるとダメと言う点から枠は外が良いでしょう。穴馬に強い7年プラスのアナール学派はソーシャルゲームのよういに買い目を攻略ポイントが分かります。併せて利用することで勝つための競馬が可能になるはずですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です