エリザベス女王杯2016ミッキークイーンがふさわしい

エリザベス女王杯にふさわしいのはミッキークイーンだ。その理由は、単純に名前に女王が入っているという理由もあるのだが、ここでマリアライトに新旧交代をつげて欲しいという願いもある。ディープインパクト産駒の一流牝馬同士がぶつかり女王の座を争う、この構図は最高に燃えてくる。3番人気もディープの秘蔵っこタッチングスピーチが割って入ってくるという伏兵もいて激しいバトルになるのは間違いない。どれも血統通りに京都競馬場を得意としており芝2200mは最高の条件となる。ここを制して有馬記念へというローテーションになるだけに出走してくる以上は万全の仕上がりでのぞんでくるはずだ。

馬券的にリピーターが好走しやすいということで2015年に1着のマリアライトと3着タッチングスピーチは人気通りに好走する可能性が高い。充実期を迎えた4~5歳馬ということもありデータ傾向に沿っていることを考えれば大波乱はないのかも知れない。ここのところ堅い決着が続いてるG1レースだが、このエリザベス女王杯でも荒れる要素は少ないと言えるだろう。それでも調子変動の大きい牝馬だけに調教師コメントのみならず騎手コメントも見直してじっくり体調を読み解いていきたいところだ。今年は例年よりメンバーが落ちる印象があるだけに平穏な決着を前提に馬券を組み立てるのがいいだろう。

3歳馬はパールコードとデンコウアンジュが参戦してくる。3歳は一線級でないと通用しづらい傾向があるため斤量は有利だがデータ傾向に沿うとはいいがたい。それでも昨年のタッチングスピーチのように馬券になる可能性はゼロではない。初の古馬と対決するだけに底を計れない面がある。3歳が想像以上にハイレベルという可能性も捨てきれない以上は無条件に馬券で買うのが無難なのかもしれない。

1 マリアライト 2.5
2 ミッキークイーン 2.9
3 タッチングスピーチ 5.2
4 クイーンズリング 6.9
5 パールコード 8.9
6 ヒルノマテーラ 30.7
7 マキシマムドパリ 33.1
8 シュンドルボン 36.0
9 シャルール 51.4
10 シングウィズジョイ 70.7
11 アスカビレン 92.6
12 ウインプリメーラ 105.1
13 デンコウアンジュ 111.4
14 プロレタリアト 151.2
15 メイショウマンボ 182.9
16 プリメラアスール 302.3