中山金杯2017予想をぶったぎる

中山金杯2017予想オッズ1番人気ツクバアズマオー。ステイゴールド産駒の6歳馬でオールカマー3着から地道に能力を強化してきた。中山競馬場はステイゴールド産駒の庭と言われているように絶対的に得意としている条件で再度好走する可能性が高い。この予想オッズに逆らうべきかは各々の判断によるが、いまの勢いなら初めての重賞レース制覇があっても驚けないないだろう。芝2000mと言う距離を最も得意としているだけに1着にはツクバアズマオーを指名して馬券を買うのがベターだ。天気は分からないが重馬場になるようなら楽勝まである血統背景にある。このことはぜひ頭に入れておいて欲しい。

2番人気は池江厩舎から参戦してくる外国産馬の4歳馬ストロングタイタン。フォーティーナイナー系の見慣れない父系で実態を把握しづらいが連戦連勝を重ねてきた今の勢いは見過ごすことができない。地道に自己条件をクリアしての重賞レース初挑戦となるだけに底を読めないのが余計に不気味さを漂わせている。サトノダイヤモンドで有馬記念を制したように素質馬が集まる厩舎だけにあっさり楽勝というパターンも考えなければならない。馬券で言えば1着から3着まで全方位でマークしておくべき馬だと言える。中距離に移ってからの勢いは凄まじくハンデキャップも軽ければ言うことはない。

京都金杯とダブルで登録しているマイネルハニー。マツリダゴッホのスピード馬で2000mはやや長い印象もあるだけに中山金杯2017予想では重視する必要はない。最近は父とは違いマイル前後で活躍するスピード優位の馬が多い点が血統の面白さを感じさせる。中山競馬場を主戦場としていた父の影響は全く感じられないマイネルハニーはマイルに行った方が好走の可能性は高いと考えられる。

マイネルと言えばマイネルフロストも出走を予定している。父ブラックタイドはキタサンブラックと同じだけに中山競馬場では見過ごすことができない。もう一歩のレースが続いているだけに取捨に悩むところもあるが馬券のヒモ特に3連単では買っておきたい一頭と言えるだろう。特に芝2000mでは安定した走りを見せており、まだ色あせたと考えるのは危険。

中山金杯2017予想の参考になるのはツイッターで9年プラスを実証したkeibasite.comが頼りになる。ステルスマーケティング業者が絡まない競馬口コミでも高い評価を得ており利用してみるとその価値が分かるだろう。100万馬券でさえ当ててしまうサイトはここだけだ。