シンザン記念2017予想オッズの見解はこうだ

京都競馬場の外回り芝1600mで行われる3歳限定の重賞レース。シンザン記念2017予想オッズ1番人気はペルシアンナイト。あまり大物がいないハービンジャー産駒から現れた期待の星である。好勝負をしてきたソウルスターリングはG1ホースになり差がついてしまった。こちらは地道にG3レースをまず制覇しようという試みである。しかし、意外と大したことがない伸び悩むのがハービンジャー産駒でもある。シンザン記念では見せ場なく負けてしまうシーンもありそうで大きな期待はしない方がいいのかも知れない。これがディープインパクト産駒だったら期待は大きかったのだが果たして結果はどうでるのか。初めてのハービンジャー産駒の大物登場となればクラシック戦線も盛り上がりを見せるのだが。

3歳馬のマイル戦は荒れやすい傾向がある。まだ競馬を覚えきれていない荒削りな馬が多かったりするからだろう。牝馬三冠を達成したジェンティルドンナもシンザン記念では負けていたように完成度の高い馬を狙いのが馬券的中につながる道と覚えておきたい。まだまだ体が出来上がらずに強い調教を行えないこともある。調教師や騎手のコメントを逐一チェックしておきたい。

京都競馬場の外回りと言えば坂を下るコースで有名となっている。このコースを苦手とする馬が多く、特に脚元が弱い馬にとって我慢して下る坂になりがちである。ここで嫌な思いをするとゴールドシップのように坂で競馬を止めたりすることに繋がりやすい。京都競馬場はディープインパクト産駒の庭と言われているが、ディープインパクトが得意というよりも他が苦手にしやすいと考えるべきだろう。直線こそ平坦に近いが、そこに至るまでの試練がメンタル面に直撃することになる。この点を考慮して馬券を構築していく必要がある。展開だけでなくコース適性も重要な要素として検討したい。

この時期はスプリンターも混じりやすいことからペースは上がることが多い。距離延長よりも距離短縮してくる馬を狙う方が馬券は当たりやすい。それでも距離をこなす場合があるためケースバイケースで考えるべきだろう。斤量やデータ傾向をもとに枠順を考慮しつつ競馬予想を固めていこう。それで迷ったときはkeibasite.comの利用をおすすめしたい。ツイッターでの買い目公開で9年プラスを実証した唯一のサイトであり勝つための投資競馬を実践することができる。もちろん無料で見られるが制限もあるため気を付ける必要がある。