愛知杯2017予想オッズ

愛知杯2017予想オッズをもとにレースの検証を開始します。愛知杯は、中京競馬場(左回り)で行われる芝2000mレース。このレースの特徴として牝馬限定戦であること、斤量に差がつくハンデキャップレースであることが挙げられます。体調変動の大きい牝馬にハンデ戦となれば高配当が期待できますが、それなりの競馬予想が難しくなりそうです。

予想オッズ1番人気は、単勝オッズ3.3倍のゼンノロブロイ産駒シャルール。母はグレイトフィーヴァーで外国馬血統とのかけあわせた馬になります。近親には、アーデントやラブラバードがおりオープンで好走する良血の背景をもちあわせています。近走をみると2ケタ着順で調子が上がってきていません。このまま浮上の余地がないのかは追い切りなどで判断するしかないでしょう。重賞レースでは2着が2回と勝てるてだけのポテンシャルを秘めていることは間違いありません。今回は例年よりも相手関係が緩くなるため本調子でなくても好走する可能性は高そうです。

2番人気は4.0倍のキングカメハメハ産駒マキシマムドパリ。G1レース秋華賞で3着に入る活躍がありますが勝ちきれず自己条件をいまだクリアできていません。相手なりに走るため単勝の魅力は薄いということなのでしょうか。昨年も愛知杯に出走していますが2番人気で4着でした。なかなか人気にこたえられないのも信用されない理由の1つでしょう。ここで勝って本格化というパターンもあるため判断は分かれそうですが3連単なら2~3着に入れておきたい馬なのは間違いないでしょう。よく走る2000mという点も魅力的で複勝で勝負したい人なら買っておきたい一頭ですね。

3番人気はネオユニヴァース産駒のダイワドレッサー。牡馬相手の重賞レースで走っているように重賞レースの内容では一番手に挙がってもおかしくない馬。距離延長はプラスでマイルよりはいいでしょう。前走のターコイズSでは見せ場なく敗退しているのが気になるものの実力通りに走ってないことを考えると見限るのは早いかもしれませんね。

他にはクイーンズミラーグロ、アンドリエッテ、クリノラホールと人気が続いており混戦レースになるのは間違いなさそう。