京成杯2017予想オッズ

京成杯2017予想オッズを見た印象を述べていきます。京成杯は中山競馬場の芝2000mで行われる3歳馬限定の重賞レースになります。このレース設定は、クラシック皐月賞と同じ舞台になるわけですが、あまり直結することがなく京成杯で走りそうな馬を見つけることが重要と言えるでしょう。

予想オッズ1番人気は混戦ながらもサーベラージュの3.3倍が有力視されています。昨年は桜花賞馬を輩出しこれからの活躍が待たれるヴィクトワールピサ産駒でデビュー戦を楽勝しての重賞レースになります。いかにもパワフルな体つきという調教師の話からも2mの坂がある中山競馬場の適性は高そうです。ただ、キャリア1戦で底が分からない馬ですから軸馬にするのはリスキーかもしれません。ヴィクトワールピサ産駒の牡馬は不調なこともあり未知数な部分での人気をどう判断するか。そこが馬券的中の分かれ目となりそう。先行してから抜け出すというレースぶりは父を彷彿とさせる堂々としたレースぶりで大物誕生となればクラシックが盛り上がってきますね。堀厩舎の秘密兵器ですから人気になっても不思議ではありません。

2番人気はホープフルS2着マイネルスフェーン。ステイゴールド産駒は中山金杯から重賞レースを制したようにいまだ競馬界に与える影響は大きい。ホープフルSでは、内を立ち回るレースの上手さを見せたように京成杯向きの早熟タイプの馬と言えるでしょう。レイデオロを別格とすれば今のところ牡馬有力馬と見ることができることもあり1番人気でも不思議のない馬でしょう。十分なキャリアは皐月賞より京成杯で生きるはず。早いうちに賞金を稼ぎ出すマイネル軍団なので勝負を仕掛けてくるならここなのは間違いないと思います。

3番人気は才能にあふれたディープインパクト産駒ポポカテペトルの登場です。全兄にはスプリングSを勝ったマウントロブソンがいるように中山競馬場への適性は間違いないでしょう。兄はクラシックでも見せ場を作っていたように、その兄を上回る資質を評価されていることもあり、その素質を評価するなら京成杯でこそ勝負しておきたいですね。前走は荒れた馬場で走る気をなくしたように若さを残しつつな面もありますがレースに集中できるようならアッサリのシーンが見られるかもしれませんね。

このレースはハービンジャー産駒との相性が良いこともありベストリゾートも侮れません。ホープフルSでは出遅れての後方になりつつも直線では末脚を発揮して勝ち馬意外とは差のない競馬ですから気を付けなければいけない1頭でしょう。ハービンジャーもクラシックでは用無しなことを考えるとここでメイチ勝負を仕掛けてくると思われます。その気配を追い切りや調教師コメントで感じ取れれば単勝で買うメリットは十分と言えますね。

さて、フェアリーSで2万馬券を公開的中させたkeibasite.comは1月の公開終了となったようですね。少し寂しいですが2月から再開されるようなので熱い買い目を待ち望みたいと思います。公開はなくても無料登録で送られてくることもあるそうなので気になる方はしてみてもいいかもしれません。本格的な投資競馬はここでしか味わうことができないですが一部の限られた人にしかプレミアムな情報は手にすることができない。それでも公開予想だけでも十分に勝てるので気軽に参加してみてはどうでしょうか。