京都記念2017予想オッズ

京都記念2017予想オッズやデータ傾向から出走馬の価値を判断していきたい。

予想オッズ1番人気は、2016年の日本ダービーで菊花賞と有馬記念を制したサトノダイヤモンドに競り勝ったディープインパクト産駒のマカヒキ。どこからでも仕掛けられる最速の末脚は世代でも最強の評判を得ている。2016年はフランスの凱旋門賞に遠征したものの、あまりに見所なく惨敗したため競馬ファンに大きなショックを与えたのは記憶に新しい。その惨敗の理由として新馬戦を楽勝したあとに発症した鼻出血が心配されたが影響はなかったと診断されている。三強の一角であり3歳春までは実績で見劣るサトノダイヤモンドが秋には菊花賞を楽勝し古馬と戦った有馬記念を制するまでに進化をとげるとはだれが想像しただろうか。休んでいる相手に逆転されてしまったサトノダイヤモンドに匹敵するパフォーマンスを京都記念で発揮したいところ。日本ダービー以来になる国内戦だけにどれだけ成長しているかが評価ポイントになる。たとえ80%の仕上げだとしても力の違いで楽勝しなければならない。それがマカヒキに課せられた使命と言えるだろう。

京都記念2017は他にも多くのディープインパクト産駒が出走を表明して一段と盛り上がりを見せている。その有力馬に挙げられるサトノノブレスはG2レースでは安定した競馬を見せている馬で軽視できない。古馬と走るG1レースでは馬券になっていない馬で地力で考えれば見劣るのは確か。ただ、G2レベルでは安定した成績を残している典型的なG2馬であることを考えれば深く考える必要はないだろう。、むしろ全力で仕上げる馬が少ない休養明け初戦だからこそ狙うべきではないのか。そう思わせるイマイチホースなだけに、京都記念2017予想で人気がなければぜひ重視したい一頭である。有馬記念は見所がなかったので人気にはならないだろう。

他にディープインパクト産駒の牝馬タッチングスピーチも気になる存在。つねに追い込み一手の脚質から近走において見所のないレースが続いている。しかし、3歳時には京都競馬場の外回り芝2200mのエリザベス女王杯で勝ち馬に迫る末脚を発揮していることから地力の高さ上位と言っていいだろう。昨年の京都記念でも馬券圏内に好走しており京都競馬場の芝2200mでは軽視できない存在と言える。昨年がいまいちの競馬が続いたことで成長力には期待できないものの賞金の上積みをするには良い条件となるだけに2017年の京都記念では全力で仕上げてくる可能性が高い。それだけに京都記念2017予想では重視すべき一頭ということができる。

ほかにディープインパクト牝馬スマートレイアーが出走を予定しており穴馬として魅力に感じている。今まではマイル前後の距離で実績を積み重ねてきた馬が一気に距離を伸ばして京都競馬場の芝2200mに挑戦していくる。2015年の京都記念と同じ条件のエリザベス女王杯は後方一気から差のない5着になっており距離に不安はない。最近は先手を主張するレースが板についており末脚のインパクトはないものの、どちらにしても注目しておくべき一頭には違いないだろう。

これだけ京都競馬場に実績のあるディープインパクト産駒が大挙して出走すると高額配当は期待しづらい。ここでマカヒキが負けることは考えたくないので見るレースとして内容を重視していきたい。ライバルのサトノダイヤモンドを逆転できるだけのパフォーマンスを発揮することができるのかマカヒキよ!

もっと詳しい分析を知りたければkeibasite.comの重賞レース分析を参考にすると理解が進んでくる。9年プラスの公開予想が再開されることもあり、また万馬券を期待したくなっちゃう。こうした実力のある競馬予想サイトを上手く活用していくことで競馬予想はよりよいものになっていく。そんな過程を楽しみつつ自分だけの投資競馬を実現する人たちが後を絶たない。