中山記念2017予想オッズ

中山記念2017予想オッズ1番人気はディープインパクト産駒リアルスティールか。残念ながらクラシック制覇とはならず菊花賞を勝ったキタサンブラックには国内レースで差をつけられる格好となった。牝系に世界的な名牝であるミエスクの名前があるリアルスティールの血統の良さでは圧勝だったが、それに比べると地味に映るキタサンブラックが古馬王道を行くとは誰が想像できただろうか。それだけにいまだG1レースを国内で勝ちきれていないだけでなく重賞レースでも同じことが言える。

どうしてこのような勝ちあぐねる事態になったのか。それは福永祐一による騎乗のまずさが指摘される。教育という名で騎乗ミスをごまかし続けたことでリアルスティールはそれでいいと思い込んでしまい勝てない馬になってしまったのだ。よくよく戦績をみてみると折り合いに専念して2着でいいという指示を競走馬に与えているようなものだ。思い出してほしい皐月賞ではキタサンブラックに完勝していた馬だ。

福永祐一だけでなく日常的に競馬サークルで行われる教育という名の騎乗ミスは競走馬に悪影響をおよぼしている。ただ、うまく折り合っただけで教育しているというのはJRA騎手の傲慢な態度だろう。その後にG1レースを勝ちまくったのなら分かるが全くそうはなっていない。こんな適当な言い訳が許されているからこそJRA騎手は低レベルと言われても仕方ないのだ。

いまの競馬は騎手がどう乗るかまで考えて予想しなくてはならない。馬の力だけで1着になれるわけではないからだ。いまの競馬では何度もやり直せば結果は毎回ちがったものになるほど差のない競馬が続いている。なんちゃってG1馬が量産されるのは社台グループには都合がいいのかも知れないが見ているほうがシラけるばかり。いい加減に社台の没落を願っている人は少なくないだろう。競馬をつまらなくしているのは社台グループそういわれても仕方ない状況を作り出している。