弥生賞2017予想オッズ

2017年の弥生賞1番人気予想はこれだ!朝日杯フューチュリティステークスを制したディープインパクト産駒サトノアレスはスプリングステークスからのスライド復帰となった。おそらく1番人気は関西馬のディープインパクト産駒カデナだろう。京都2歳Sで重賞レースを制してクラシック王道をゆく血統でもある。京都競馬場の内回り芝2000mを制したことから中山競馬場の芝2000mにも対応できる可能性が高い1頭。皐月賞トライアルを制して本番へと駒を進めることができるか注目したい。

重賞レース2連勝中のブレスジャーニーは弥生賞とスプリングステークスの両にらみで決定していない。たとえ出走できても状態が微妙なところと初の右回りで1番人気になることはないだろう。父バトルプランは日本で失敗確定のエンパイアメーカー系の種牡馬で一代はさんで成功するパターン。母はオークス馬ダイナカールからの流れをくみエアグルーヴ一族と近い血統と筋は通っている。あまり奥が読めないという点では面白い一頭ではあるもののクラシック向きかと言えばノーだろう。距離適性も種牡馬データが少なく未知の要素が多い。

他で楽しみなのがハーツクライ産駒マイスタイル。マイルを中心にレースを使われてきたが距離を伸ばして良さがでてくるのがハーツクライ産駒の特徴でもある。先行できる脚質も中山競馬場では強みになる。ただ、長距離輸送や折り合いの不安は残されていることには注意したい。その壁を打ち破ってくるようなら日本ダービーを制したワンアンドオンリーのような変わり身が見られる可能性はゼロではない。

ほかにはルーラシップ産駒ダンビュライトも出走予定馬に名前が挙がっているが底を見せた感もあり人気はしないだろう。どちらかと言えばダートでの活躍が早くも目立ってきただけに芝馬としての種牡馬評価は高くならないのではないか。馬体詐欺と言われるほど見栄えはいいのに走らせてみると案外というパターンも多くルーラシップ産駒の評価には今後も悩むことになりそうだ。

こうしてみると弥生賞2017予想は堅い決着とはいかない可能性もあり予想オッズからお買い得な穴馬を見つけられるかが馬券的中のポイントになりそう。しっかりとデータ傾向をつかんでイチ早く馬券に取り入れたいところ。その点keibasite.comの重賞レース分析は分かりやすいので見ておきたい。

土曜には桜花賞トライアルのチューリップ賞も行われる。ソウルスターリングが登場する注目の一戦。