高松宮記念2017予想オッズ

高松宮記念2017予想オッズ1番人気はなんだろうか。おそらく実績馬と上がり馬という人気構成になる気がしている。
今までの実績馬といえばシュウジやソルヴェイグら若手4歳勢と上がり馬の外国産メラグラーナ。とにかく本番まで流動的なオッズになるだろうから枠順確定の結果も重要となりそうだ。一週前の追い切り調教タイムを確認しておくことも重要な一戦になることは間違いない。過去のデータ傾向を洗っておくことも忘れないようにしたい。

過去の好走血統を見るとサンデーサイレンス系が強さを見せているもののノーザンダンサーやミスタープロスペクターにもチャンスは残されている。サンデーの血は入っていて当たり前の時代ということもあり外国産馬もふくめ幅広い視野をもって検討することが必要と言えそうだ。とかく勢いを感じさせるメラグラーナについては混戦模様の高松宮記念2017では気をつけておきたい。

ここまで混戦になると馬券の買い方勝負になりそう。追い切り調教だけでなく当日のパドックの気配など、わずかな差が結果となってあらわれるのは間違いない。既存メディア以外では4keiba.comのパドック診断がおすすめ。馬主に競走馬を仲介しているエージェントがしているので確かな情報を得ることができる。先週は6頭あげて5頭が馬券圏内に好走するなど願力の確かさは疑いようがない。迷ったときこそパドック診断を活用しよう。いまは0.1秒差を競う時代だ。

競馬を構成する要素はとても多いが1つ1つきちんと対処していけば自然と答えに導かれることも少なくない。荒れるから穴狙いと割り切った馬券もいいけれど、この難しいレースを解き明かすという視点から馬券を絞り込むことも挑戦していこう。そうした経験は今後の馬券人生において貴重な経験となるはず。この馬を買っておけばという時代ではなく混戦が当たり前になった今だからこそきちんと基礎に戻ってのスキルアップに励んでいきたい。