カテゴリー別アーカイブ: 予想オッズ

桜花賞2017予想オッズを考える

大阪杯2017はソウルスターリングが1番人気です。フランケル産駒で2歳女王を決めるG1レース阪神ジュベナイルフィリーズを勝ちました。リスグラシューに2回先着していることは有名です。桜花賞2017予想の軸馬は決まったようなものではないでしょうか。桜花賞にファンディーナはでてきません。皐月賞へいくそうです。データ傾向を見ると断然の1番人気は強い。あまり逆らうような馬券の買い方はおすすめできません。それよりも少ない点数で当てることを考えたい。

そのために利用したいのが無料パドック診断を行っている4keiba.com。競馬サークルにアドバイスを行っているエージェントがパドックを解説。なんと3頭を挙げてそのすべてが好走し3連単を的中させるという離れ業を披露。これには大川慶次郎もかなわないでしょう。事前に公開いしてる軸馬も高確率で好走するのでおすすめですよ。既存メディアからどれほどの情報がえられるでしょうか?そのほとんどは二次配布か創作によるものが多く実は不確かなんです。あのスポニチだからといって過信していると痛い目にあう!

アドレナリンが放出するような競馬を味わいたいのならエージェント情報に触れてみよう。

大阪杯2017予想オッズ

2017年の大阪杯はG1レースとなったことで注目をあつめています。予想オッズ1番人気はディープインパクト産駒マカヒキ。阪神競馬場の実績は十分とは言えないものの芝2000mはベスト距離だろうと言われています。京都記念では残念な3着でファンをがっかりさせたものの相変わらず調教ではダイナミックな動きを見せていることから上積みは大きいそうですね。

この時期に中距離のG1レースを作った意図はなんでしょうか。馬券売上が好調ないまG1レースを増やすべきだとかんがえたのかもしれません。高松宮記念からG1レースが続くため新規ファン獲得に効率がいいのは間違いない。これで長距離レースの天皇賞春とは路線がはっきりと別れたため馬券配当はシビアになるだろうと予測している人たちもいます。

ディープインパクト産駒アンビシャスなど前哨戦の中山記念で負ける馬たちが多くいました。それでも前哨戦にすぎないというジャッジが加われば実績通りの予想オッズ順になることは間違いないでしょう。

阪神競馬場の芝2000mは実力が問われるといいますが、たまに突発的な波乱があることでも知られています。格下が格上を負かしたこともある大阪杯というレースはどういう結末になるのか今から楽しみです。

大阪杯2017穴馬を見つけたいのなら4keiba.comのパドック診断がおすすめ。先週は軸馬にくわえ穴馬が次々と激走していました。競走馬を馬主に仲介するエージェントが診断をしているので非常に正確なのがウリ。もちろん能力は加味していない中で行われるので事前に競馬予想しておく必要はあります。

パドックは特別に優れたファクターではないもののパドックでしか獲れない穴馬というのも確実に存在する。そんな奥が深いパドックに一度ふれてみてください。今までにないチャンスがあなたの前に転がり込むかもしれません。そのチャンスを掴むか、それとも見放すかはあなたが決めてください。

高松宮記念2017予想オッズ

高松宮記念2017予想オッズ1番人気はなんだろうか。おそらく実績馬と上がり馬という人気構成になる気がしている。
今までの実績馬といえばシュウジやソルヴェイグら若手4歳勢と上がり馬の外国産メラグラーナ。とにかく本番まで流動的なオッズになるだろうから枠順確定の結果も重要となりそうだ。一週前の追い切り調教タイムを確認しておくことも重要な一戦になることは間違いない。過去のデータ傾向を洗っておくことも忘れないようにしたい。

過去の好走血統を見るとサンデーサイレンス系が強さを見せているもののノーザンダンサーやミスタープロスペクターにもチャンスは残されている。サンデーの血は入っていて当たり前の時代ということもあり外国産馬もふくめ幅広い視野をもって検討することが必要と言えそうだ。とかく勢いを感じさせるメラグラーナについては混戦模様の高松宮記念2017では気をつけておきたい。

ここまで混戦になると馬券の買い方勝負になりそう。追い切り調教だけでなく当日のパドックの気配など、わずかな差が結果となってあらわれるのは間違いない。既存メディア以外では4keiba.comのパドック診断がおすすめ。馬主に競走馬を仲介しているエージェントがしているので確かな情報を得ることができる。先週は6頭あげて5頭が馬券圏内に好走するなど願力の確かさは疑いようがない。迷ったときこそパドック診断を活用しよう。いまは0.1秒差を競う時代だ。

競馬を構成する要素はとても多いが1つ1つきちんと対処していけば自然と答えに導かれることも少なくない。荒れるから穴狙いと割り切った馬券もいいけれど、この難しいレースを解き明かすという視点から馬券を絞り込むことも挑戦していこう。そうした経験は今後の馬券人生において貴重な経験となるはず。この馬を買っておけばという時代ではなく混戦が当たり前になった今だからこそきちんと基礎に戻ってのスキルアップに励んでいきたい。