カテゴリー別アーカイブ: 予想オッズ1

根岸ステークス2017予想オッズ

根岸ステークス2017予想オッズ。ダノンリバティなどが出走を予定しているが1番人気のゆくえは本番までコロコロと変わりそうだ。中京競馬場で行われるG2レースである東海Sのあとということで以前よりもフェブラリーSにつながることは少なくなるだろうと予測している。本番よりも根岸Sを勝ちにくるような馬を重視していくことが馬券的中にも近づくことになりそうだ。

直線が長い東京競馬場のダート1400mは、スタートからダートなのでテンは速くなりにくいと思われがちだが、前意識が高くなることで逃げが残らないレースになることが多い。そのため差しが優勢のレースとなっており決め手のある馬をえらぶことが重要になってくる。好位から競馬できるタールタンは安定して走りそうだが1着でゴールすることはイメージしづらい。だからといって追い込み一手が決まるほど甘くはないだけに中団あたりでレースできる馬が一番の狙い目ではないだろうか。

ダート1400mの適性がものをいうことから京都・阪神競馬場にダート1400mの番組が多く組み込まれている関西馬が有利になりやすいレースとなっている。関東馬は根岸Sと同じ東京競馬場のダート1400mの経験馬を中心に見ていくことになるが意外と好走にはつながっていない。それよりも重賞レースであるカペラSからの参戦馬をチェックしていく方が好走の確率は上がりそうだ。関西馬ではどちらかと言えば阪神競馬場のダート1400mの方が相性が良いデータ傾向がでている。

冬のダートはパサパサと乾燥しているから時計がかかると思われている。ただ、東京競馬場は直線が長く加速しやすいことから時計が遅くなるイメージは薄い。そういった点から馬体重が重いだけではなく決め手も持ち合わせているかが好走に必要と言えそうだ。

ツイッターで万馬券を的中したkeibasite.comは2月から公開予想を再開する様子。独自の投資競馬を提唱している競馬予想サイトで9年プラスという実績は他と一線を画している。勝つための競馬予想を最低限のコストと時間で実現したいのなら選択肢の1つとして考えてみてはいかがだろうか。

個人的には血統から買い目を追加することにハマっている。思わぬ高配当が獲れることもあるのでなかなか面白い。こうした気軽な投資競馬が主流になるならJRA-VANを利用した競馬予想は廃れていくのかもしれない。

愛知杯2017予想オッズ

愛知杯2017予想オッズをもとにレースの検証を開始します。愛知杯は、中京競馬場(左回り)で行われる芝2000mレース。このレースの特徴として牝馬限定戦であること、斤量に差がつくハンデキャップレースであることが挙げられます。体調変動の大きい牝馬にハンデ戦となれば高配当が期待できますが、それなりの競馬予想が難しくなりそうです。

予想オッズ1番人気は、単勝オッズ3.3倍のゼンノロブロイ産駒シャルール。母はグレイトフィーヴァーで外国馬血統とのかけあわせた馬になります。近親には、アーデントやラブラバードがおりオープンで好走する良血の背景をもちあわせています。近走をみると2ケタ着順で調子が上がってきていません。このまま浮上の余地がないのかは追い切りなどで判断するしかないでしょう。重賞レースでは2着が2回と勝てるてだけのポテンシャルを秘めていることは間違いありません。今回は例年よりも相手関係が緩くなるため本調子でなくても好走する可能性は高そうです。

2番人気は4.0倍のキングカメハメハ産駒マキシマムドパリ。G1レース秋華賞で3着に入る活躍がありますが勝ちきれず自己条件をいまだクリアできていません。相手なりに走るため単勝の魅力は薄いということなのでしょうか。昨年も愛知杯に出走していますが2番人気で4着でした。なかなか人気にこたえられないのも信用されない理由の1つでしょう。ここで勝って本格化というパターンもあるため判断は分かれそうですが3連単なら2~3着に入れておきたい馬なのは間違いないでしょう。よく走る2000mという点も魅力的で複勝で勝負したい人なら買っておきたい一頭ですね。

3番人気はネオユニヴァース産駒のダイワドレッサー。牡馬相手の重賞レースで走っているように重賞レースの内容では一番手に挙がってもおかしくない馬。距離延長はプラスでマイルよりはいいでしょう。前走のターコイズSでは見せ場なく敗退しているのが気になるものの実力通りに走ってないことを考えると見限るのは早いかもしれませんね。

他にはクイーンズミラーグロ、アンドリエッテ、クリノラホールと人気が続いており混戦レースになるのは間違いなさそう。

東海ステークス2017予想オッズ

東海ステークス2017予想オッズ1番人気はアスカノロマン3.5倍となっている。中京競馬場は左回りのダートということからフェブラリーSでの好走に結びつきやすい重賞レース。チャンピオンズカップで3着と調子を上げてきたことで昨年に続く連覇が期待される。調教師コメントや追い切り調教の動きはよく58kgの斤量さえこなせば十分に可能性はあると考えたい。いまはなきアグネスデジタル産駒ということで後継種牡馬になれるような活躍まで期待せざるを得ない。データ競馬のポイントとしては実績馬を中心にしようということ。ただし、ここを叩いての本番という可能性も考えられるだけに凡走する可能性は年頭においておきたい。この時期のダートはパサついて重くなるという話がある。そのため水をまいて重くなりすぎないように調整することもあるため雨のないようなら水撒きの有無に気を付ける必要がある。

冬のダートには凍結防止剤がねりこまれていることが多い。この影響で重いパワーダートになるという。実際に時計が1秒程度かかることもおおいため気を付けたいところだ。この時期は怪我につながるという判断から無理させないことも多い。そういった点からたまに大波乱の配当になることもある。この時期のダートを得意とする馬もいることから東海ステークス2017予想では注目してみると面白いかも知れない。この点を考慮すると時計がかかる地方ダートの実績は参考になりそうだ。

東海ステークスをステップにフェブラリーSに向かう馬が多いためステップレースとしての価値は高い。ここを勝ってきたような上がり馬は本番でも注意する必要がある。こういった点を考慮して東海ステークス2017予想オッズの中から好走馬を見つくろいたい。

先週フェアリーSでkeibasite.comが万馬券を公開的中させ実力の違いをまざまざと見せつける結果となった。間違いなく競馬予想サイトの中でナンバーワンにいるサイトでここで投資競馬を実現させている人が急増しているようだ。かくいう私もすっかりハマりこんでいて複利運用で順調に利益幅を伸ばしている。単勝万馬券も獲れるサイトだけに100万馬券も夢ではない。

エリザベス女王杯2016ミッキークイーンがふさわしい

エリザベス女王杯にふさわしいのはミッキークイーンだ。その理由は、単純に名前に女王が入っているという理由もあるのだが、ここでマリアライトに新旧交代をつげて欲しいという願いもある。ディープインパクト産駒の一流牝馬同士がぶつかり女王の座を争う、この構図は最高に燃えてくる。3番人気もディープの秘蔵っこタッチングスピーチが割って入ってくるという伏兵もいて激しいバトルになるのは間違いない。どれも血統通りに京都競馬場を得意としており芝2200mは最高の条件となる。ここを制して有馬記念へというローテーションになるだけに出走してくる以上は万全の仕上がりでのぞんでくるはずだ。

馬券的にリピーターが好走しやすいということで2015年に1着のマリアライトと3着タッチングスピーチは人気通りに好走する可能性が高い。充実期を迎えた4~5歳馬ということもありデータ傾向に沿っていることを考えれば大波乱はないのかも知れない。ここのところ堅い決着が続いてるG1レースだが、このエリザベス女王杯でも荒れる要素は少ないと言えるだろう。それでも調子変動の大きい牝馬だけに調教師コメントのみならず騎手コメントも見直してじっくり体調を読み解いていきたいところだ。今年は例年よりメンバーが落ちる印象があるだけに平穏な決着を前提に馬券を組み立てるのがいいだろう。

3歳馬はパールコードとデンコウアンジュが参戦してくる。3歳は一線級でないと通用しづらい傾向があるため斤量は有利だがデータ傾向に沿うとはいいがたい。それでも昨年のタッチングスピーチのように馬券になる可能性はゼロではない。初の古馬と対決するだけに底を計れない面がある。3歳が想像以上にハイレベルという可能性も捨てきれない以上は無条件に馬券で買うのが無難なのかもしれない。

1 マリアライト 2.5
2 ミッキークイーン 2.9
3 タッチングスピーチ 5.2
4 クイーンズリング 6.9
5 パールコード 8.9
6 ヒルノマテーラ 30.7
7 マキシマムドパリ 33.1
8 シュンドルボン 36.0
9 シャルール 51.4
10 シングウィズジョイ 70.7
11 アスカビレン 92.6
12 ウインプリメーラ 105.1
13 デンコウアンジュ 111.4
14 プロレタリアト 151.2
15 メイショウマンボ 182.9
16 プリメラアスール 302.3

秋華賞2015で狙うべき馬

京都競馬場は直線の短い内回りコースです。そんな中でプラスに働くのがトーセンビクトリーだと考えています。器用さが生きるコースであり確実に脚が使える馬にとって最適なコース。夏を越しての成長が見られ血統背景もしっかりした良血なので狙いが立つ根拠が十分にあります。

全兄たちは重賞ウイナーでありG1こそ手に届いていないものの大舞台で2着に入るなど本番に強い血統。母もエリザベス女王杯を勝つなど確実に成果を期待できる血統と言えます。特にキングカメハメハ産駒ではアパパネが牝馬三冠をとっているようにコース相性も抜群。

母父としてもキングマンボは大活躍しており秋華賞を勝つために生まれてきた馬と言えると思います。ディープインパクト産駒のオークス馬ミッキークイーンは強敵ですが調教師や騎手は自信のコメントを連発して態勢が整っているようです。

揉まれるとダメと言う点から枠は外が良いでしょう。穴馬に強い7年プラスのアナール学派はソーシャルゲームのよういに買い目を攻略ポイントが分かります。併せて利用することで勝つための競馬が可能になるはずですよ。