カテゴリー別アーカイブ: 予想オッズ2

中山記念2017予想オッズ

中山記念2017予想オッズ1番人気はディープインパクト産駒リアルスティールか。残念ながらクラシック制覇とはならず菊花賞を勝ったキタサンブラックには国内レースで差をつけられる格好となった。牝系に世界的な名牝であるミエスクの名前があるリアルスティールの血統の良さでは圧勝だったが、それに比べると地味に映るキタサンブラックが古馬王道を行くとは誰が想像できただろうか。それだけにいまだG1レースを国内で勝ちきれていないだけでなく重賞レースでも同じことが言える。

どうしてこのような勝ちあぐねる事態になったのか。それは福永祐一による騎乗のまずさが指摘される。教育という名で騎乗ミスをごまかし続けたことでリアルスティールはそれでいいと思い込んでしまい勝てない馬になってしまったのだ。よくよく戦績をみてみると折り合いに専念して2着でいいという指示を競走馬に与えているようなものだ。思い出してほしい皐月賞ではキタサンブラックに完勝していた馬だ。

福永祐一だけでなく日常的に競馬サークルで行われる教育という名の騎乗ミスは競走馬に悪影響をおよぼしている。ただ、うまく折り合っただけで教育しているというのはJRA騎手の傲慢な態度だろう。その後にG1レースを勝ちまくったのなら分かるが全くそうはなっていない。こんな適当な言い訳が許されているからこそJRA騎手は低レベルと言われても仕方ないのだ。

いまの競馬は騎手がどう乗るかまで考えて予想しなくてはならない。馬の力だけで1着になれるわけではないからだ。いまの競馬では何度もやり直せば結果は毎回ちがったものになるほど差のない競馬が続いている。なんちゃってG1馬が量産されるのは社台グループには都合がいいのかも知れないが見ているほうがシラけるばかり。いい加減に社台の没落を願っている人は少なくないだろう。競馬をつまらなくしているのは社台グループそういわれても仕方ない状況を作り出している。

京都記念2017予想オッズ

京都記念2017予想オッズやデータ傾向から出走馬の価値を判断していきたい。

予想オッズ1番人気は、2016年の日本ダービーで菊花賞と有馬記念を制したサトノダイヤモンドに競り勝ったディープインパクト産駒のマカヒキ。どこからでも仕掛けられる最速の末脚は世代でも最強の評判を得ている。2016年はフランスの凱旋門賞に遠征したものの、あまりに見所なく惨敗したため競馬ファンに大きなショックを与えたのは記憶に新しい。その惨敗の理由として新馬戦を楽勝したあとに発症した鼻出血が心配されたが影響はなかったと診断されている。三強の一角であり3歳春までは実績で見劣るサトノダイヤモンドが秋には菊花賞を楽勝し古馬と戦った有馬記念を制するまでに進化をとげるとはだれが想像しただろうか。休んでいる相手に逆転されてしまったサトノダイヤモンドに匹敵するパフォーマンスを京都記念で発揮したいところ。日本ダービー以来になる国内戦だけにどれだけ成長しているかが評価ポイントになる。たとえ80%の仕上げだとしても力の違いで楽勝しなければならない。それがマカヒキに課せられた使命と言えるだろう。

京都記念2017は他にも多くのディープインパクト産駒が出走を表明して一段と盛り上がりを見せている。その有力馬に挙げられるサトノノブレスはG2レースでは安定した競馬を見せている馬で軽視できない。古馬と走るG1レースでは馬券になっていない馬で地力で考えれば見劣るのは確か。ただ、G2レベルでは安定した成績を残している典型的なG2馬であることを考えれば深く考える必要はないだろう。、むしろ全力で仕上げる馬が少ない休養明け初戦だからこそ狙うべきではないのか。そう思わせるイマイチホースなだけに、京都記念2017予想で人気がなければぜひ重視したい一頭である。有馬記念は見所がなかったので人気にはならないだろう。

他にディープインパクト産駒の牝馬タッチングスピーチも気になる存在。つねに追い込み一手の脚質から近走において見所のないレースが続いている。しかし、3歳時には京都競馬場の外回り芝2200mのエリザベス女王杯で勝ち馬に迫る末脚を発揮していることから地力の高さ上位と言っていいだろう。昨年の京都記念でも馬券圏内に好走しており京都競馬場の芝2200mでは軽視できない存在と言える。昨年がいまいちの競馬が続いたことで成長力には期待できないものの賞金の上積みをするには良い条件となるだけに2017年の京都記念では全力で仕上げてくる可能性が高い。それだけに京都記念2017予想では重視すべき一頭ということができる。

ほかにディープインパクト牝馬スマートレイアーが出走を予定しており穴馬として魅力に感じている。今まではマイル前後の距離で実績を積み重ねてきた馬が一気に距離を伸ばして京都競馬場の芝2200mに挑戦していくる。2015年の京都記念と同じ条件のエリザベス女王杯は後方一気から差のない5着になっており距離に不安はない。最近は先手を主張するレースが板についており末脚のインパクトはないものの、どちらにしても注目しておくべき一頭には違いないだろう。

これだけ京都競馬場に実績のあるディープインパクト産駒が大挙して出走すると高額配当は期待しづらい。ここでマカヒキが負けることは考えたくないので見るレースとして内容を重視していきたい。ライバルのサトノダイヤモンドを逆転できるだけのパフォーマンスを発揮することができるのかマカヒキよ!

もっと詳しい分析を知りたければkeibasite.comの重賞レース分析を参考にすると理解が進んでくる。9年プラスの公開予想が再開されることもあり、また万馬券を期待したくなっちゃう。こうした実力のある競馬予想サイトを上手く活用していくことで競馬予想はよりよいものになっていく。そんな過程を楽しみつつ自分だけの投資競馬を実現する人たちが後を絶たない。

きさらぎ賞2017予想オッズ

きさらぎ賞2017予想オッズについて色々と検証していくことにしよう。

予想オッズ断然人気に支持されるだろうと考えているのは池江泰寿の厩舎に所属するディープインパクト産駒サトノアーサーだ。ジョッキーに川田将雅を迎えての2戦2勝。なぜ、外国人騎手ルメールじゃないのか不思議なところだがエージェント次第なのだろうか。圧巻だったのは自己条件シクラメン賞でスローペースを上がり時計32秒台で突き抜ける音速の末脚を披露しての圧勝だった。まさにフサイチコンコルドを彷彿させる加速ぶりは素質を証明するのに十分だった。きさらぎ賞2017予想では有力馬の一番手の期待に応えられるだけの豪快なレースを期待している。父は数々のクラシックホースを送り出しているディープインパクトに輸入牝馬の母という組み合わせは社台・ノーザンファームの成功パターンになっている。

朝日杯フューチュリティステークスでは、期待に応えられない走りだったルーラーシップ産駒のダンビュライト。気性的な危うさがでてしまったが素質はまだ見限れず、きさらぎ賞での巻き返しに期待がかかる。父ルーラーシップ産駒の評判は悪くないものの大物となると期待外れな現状が続いている。それだけにダンビュライトにかかる期待は小さくないものがある。牝系はマリアライトなど送り出している結果にコミットする血統だけに変わり身に期待する手もある。最近復調してきた音無厩舎の好調さを裏付けるような走りを期待するしかない。

近親にディープインパクトがいるエンパイアメーカー産駒プラチナヴォイス。安定感はないもののハマッた時には強い競馬をしている。先行と差しどちらでも可能な自在性のある脚質は魅力的ではある。京都競馬場の芝1800mでは2戦2勝だけに適性だけでいえば上位の存在と言えるだろう。どう競馬をするのか分からないものの依然として未知の魅力を感じさせる一頭には違いない。

他で気になるのはマンハッタンカフェ産駒のタガノアシュラ。近親にはステイゴールドがいる血統で逃げた時のしぶとさは天下一品。今回は人気が落ちるだけにノーマークで競馬させると怖い一頭と言えるだろう。

だいぶ馬場がいたみだした京都競馬場の馬場も2月にはまたコースが変わることで荒れ馬場もカバーされるだろう。秋ほどの高速馬場にならないにしても先行や差しが有利なことには変わらない。

サトノアーサー一強の様相だけにきさらぎ賞2017予想の的中は難しくなさそうだが、大きな利益を得るためには買い目を絞る必要があるだろう。パドック診断に強みを見せるkeibasite.comを利用して好走馬を見つけるのも面白さそうだ。ツイッター上で万馬券を当てたサイトだけにレース分析もしっかりと読んでおくことをおすすめする。

京成杯2017予想オッズ

京成杯2017予想オッズを見た印象を述べていきます。京成杯は中山競馬場の芝2000mで行われる3歳馬限定の重賞レースになります。このレース設定は、クラシック皐月賞と同じ舞台になるわけですが、あまり直結することがなく京成杯で走りそうな馬を見つけることが重要と言えるでしょう。

予想オッズ1番人気は混戦ながらもサーベラージュの3.3倍が有力視されています。昨年は桜花賞馬を輩出しこれからの活躍が待たれるヴィクトワールピサ産駒でデビュー戦を楽勝しての重賞レースになります。いかにもパワフルな体つきという調教師の話からも2mの坂がある中山競馬場の適性は高そうです。ただ、キャリア1戦で底が分からない馬ですから軸馬にするのはリスキーかもしれません。ヴィクトワールピサ産駒の牡馬は不調なこともあり未知数な部分での人気をどう判断するか。そこが馬券的中の分かれ目となりそう。先行してから抜け出すというレースぶりは父を彷彿とさせる堂々としたレースぶりで大物誕生となればクラシックが盛り上がってきますね。堀厩舎の秘密兵器ですから人気になっても不思議ではありません。

2番人気はホープフルS2着マイネルスフェーン。ステイゴールド産駒は中山金杯から重賞レースを制したようにいまだ競馬界に与える影響は大きい。ホープフルSでは、内を立ち回るレースの上手さを見せたように京成杯向きの早熟タイプの馬と言えるでしょう。レイデオロを別格とすれば今のところ牡馬有力馬と見ることができることもあり1番人気でも不思議のない馬でしょう。十分なキャリアは皐月賞より京成杯で生きるはず。早いうちに賞金を稼ぎ出すマイネル軍団なので勝負を仕掛けてくるならここなのは間違いないと思います。

3番人気は才能にあふれたディープインパクト産駒ポポカテペトルの登場です。全兄にはスプリングSを勝ったマウントロブソンがいるように中山競馬場への適性は間違いないでしょう。兄はクラシックでも見せ場を作っていたように、その兄を上回る資質を評価されていることもあり、その素質を評価するなら京成杯でこそ勝負しておきたいですね。前走は荒れた馬場で走る気をなくしたように若さを残しつつな面もありますがレースに集中できるようならアッサリのシーンが見られるかもしれませんね。

このレースはハービンジャー産駒との相性が良いこともありベストリゾートも侮れません。ホープフルSでは出遅れての後方になりつつも直線では末脚を発揮して勝ち馬意外とは差のない競馬ですから気を付けなければいけない1頭でしょう。ハービンジャーもクラシックでは用無しなことを考えるとここでメイチ勝負を仕掛けてくると思われます。その気配を追い切りや調教師コメントで感じ取れれば単勝で買うメリットは十分と言えますね。

さて、フェアリーSで2万馬券を公開的中させたkeibasite.comは1月の公開終了となったようですね。少し寂しいですが2月から再開されるようなので熱い買い目を待ち望みたいと思います。公開はなくても無料登録で送られてくることもあるそうなので気になる方はしてみてもいいかもしれません。本格的な投資競馬はここでしか味わうことができないですが一部の限られた人にしかプレミアムな情報は手にすることができない。それでも公開予想だけでも十分に勝てるので気軽に参加してみてはどうでしょうか。

有馬記念2016予想オッズを検討しよう

2016年の有馬記念の枠順抽選は放映されて面白かったですね。こういった試みは競馬ファンを盛り上げることになりますし馬券の売り上げにも良い影響がでると思います。

調教師がいなかったり騎手が怒っていたりと色々と競馬サークルの闇も見えましたが、そういった面も含めて真剣勝負している雰囲気が伝わってくるのがいいですね。

さて、有馬記念2016予想オッズは、ディープインパクトの全兄ブラックタイド産駒のキタサンブラックとディープインパクト産駒の菊花賞馬サトノダイヤモンドが天下を二分する形でオッズを分け合っています。どちらが天下を収めるのかを決めるのにふさわしい一戦となりそう。

年度代表馬を決める一戦と言ってもいいかも知れません。ここで勝った方が代表馬に近づくことになるため、そういったことを意識してレースを見るともっと楽しくなると思いますよ。

過去に好走した馬が再度好走するようなリピーター色の強い有馬記念は、2015年から引き続いて好走馬が大挙して出走してきます。昨年の有馬記念1~4着までそろい踏みしており、あまり高配当は望めない可能性が高いです。下手な穴馬を狙った馬券は止めておくのが吉でしょう。

最終レースもありますが、G1レースでビシッと馬券を当てて今年を締めくくれるように頑張りましょう。競馬場で観戦する方は、帰る時の電車が混むことから最終レースの馬券を買う人も多いでしょう。

有馬記念2016は、本格化したディープインパクトの良血馬サトノダイヤモンドが古馬を打ち負かすか注目の一戦になります。私の競馬予想では十分に任せる実力を持っていると考えており、単系馬券を中心とした配当が高い馬券を買っていくつもりです。

プロ馬券師が集まるkeibasite.com掲示板の口コミでもサトノダイヤモンドの評価は高いようなので安心して買うことができます。もしかしたら3連単の馬券も公開される可能性があるので覗いてみると儲かるかもしれないですよ!

投資馬券を実践している競馬予想サイトの中で抜群の実績を誇りながらも実力を証明し続けているkeibasite.com。さまざまなデータから抽出されるフラットな買い目をさらに1つのファクターからカスタマイズすることでカンタンに万馬券を狙えるようになります。

本格的にやるならメール配信サービスを利用すべきですが、競馬新聞なみに安い利用料金なので長く使うのならオススメですよ。安いスポーツ新聞で自分で予想するか、大量の独自データを元に確かなデータ分析を行っているサイトの買い目を利用して時間を短縮して回収率を上向かせるかはあなた次第になります。