カテゴリー別アーカイブ: 予想オッズ3

フィリーズレビュー2017予想オッズ

フィリーズレビュー2017予想オッズ1番人気はダイワメジャー産駒で小倉2歳Sの覇者レーヌミノルがダントツで支持されることになりそうだ。前走のクイーンカップでマイルでの底を見せたことでG1レースよりもフィリーズレビューのG2レース賞金を確実に取りに来たことは間違いない。これだけ明確な目的がある馬をフィリーズレビュー2017予想の軸馬にするのは当然ではないか。桜花賞トライアルの中では本番に結びつかなくてもそんなことは関係ない。フィリーzレビューでは本番の桜花賞よりもしっかりと仕上げて出走態勢を整えてくるはずだ。しかも、牝馬限定レースなのだから割り切った狙いとして考えるとフィリーズレビューほど馬主にとって嬉しいレースはない。

フィリーズレビュー2017予想決着パターンで考えられる組み合わせは、例年のデータ傾向通り人気馬と穴馬のコラボレーション馬券になる。あまりアドレナリンのでる馬券配当にはならないが、確実に当てやすいという点では競馬初心者でも気軽に高配当狙いを楽しむことができる。レーヌミノルから手広く馬券を流して3連単馬券をゲットしよう。

フィリーズレビュー2017予想のデータ傾向を知りたいのならkeibasite.comの重賞レース分析を利用しよう。ツイッター上で9年間も予想をアップロードしプラス収支を達成している競馬予想サイト。図解いりのレースラップ分析で好走に必要な要素を詳しくカンタンに教えてくれる。ほかにも専属エージェントによるパドック診断で軸馬穴馬の馬券をサポートしてくれるだろう。

フィリーズレビュー2017予想展開としてレーヌミノルはおそらく逃げないだろう。もし、スタートが良くどの馬もハナに行けなかったスピードの違いで逃げてしまったケースを除けばの話だが。わざわざレースで目標になりたい人気馬はいない。厩舎陣営も意識しすぎることで負けてしまうパターンは意外とある。スローペースになると実力の足らない馬が好走することもあるからだ。

ほかにもカラクレナイなどフィリーズレビュー2017予想で注目できる馬はいるが予想オッズ1番人気はレーヌミノルで不動だろう。そして、あっさり勝つ可能性が高いことも事前に予想することができる。この馬には逆らわず軸馬として馬券を当てに行くのが無難な馬券戦術になりそうだ。

弥生賞2017予想オッズ

2017年の弥生賞1番人気予想はこれだ!朝日杯フューチュリティステークスを制したディープインパクト産駒サトノアレスはスプリングステークスからのスライド復帰となった。おそらく1番人気は関西馬のディープインパクト産駒カデナだろう。京都2歳Sで重賞レースを制してクラシック王道をゆく血統でもある。京都競馬場の内回り芝2000mを制したことから中山競馬場の芝2000mにも対応できる可能性が高い1頭。皐月賞トライアルを制して本番へと駒を進めることができるか注目したい。

重賞レース2連勝中のブレスジャーニーは弥生賞とスプリングステークスの両にらみで決定していない。たとえ出走できても状態が微妙なところと初の右回りで1番人気になることはないだろう。父バトルプランは日本で失敗確定のエンパイアメーカー系の種牡馬で一代はさんで成功するパターン。母はオークス馬ダイナカールからの流れをくみエアグルーヴ一族と近い血統と筋は通っている。あまり奥が読めないという点では面白い一頭ではあるもののクラシック向きかと言えばノーだろう。距離適性も種牡馬データが少なく未知の要素が多い。

他で楽しみなのがハーツクライ産駒マイスタイル。マイルを中心にレースを使われてきたが距離を伸ばして良さがでてくるのがハーツクライ産駒の特徴でもある。先行できる脚質も中山競馬場では強みになる。ただ、長距離輸送や折り合いの不安は残されていることには注意したい。その壁を打ち破ってくるようなら日本ダービーを制したワンアンドオンリーのような変わり身が見られる可能性はゼロではない。

ほかにはルーラシップ産駒ダンビュライトも出走予定馬に名前が挙がっているが底を見せた感もあり人気はしないだろう。どちらかと言えばダートでの活躍が早くも目立ってきただけに芝馬としての種牡馬評価は高くならないのではないか。馬体詐欺と言われるほど見栄えはいいのに走らせてみると案外というパターンも多くルーラシップ産駒の評価には今後も悩むことになりそうだ。

こうしてみると弥生賞2017予想は堅い決着とはいかない可能性もあり予想オッズからお買い得な穴馬を見つけられるかが馬券的中のポイントになりそう。しっかりとデータ傾向をつかんでイチ早く馬券に取り入れたいところ。その点keibasite.comの重賞レース分析は分かりやすいので見ておきたい。

土曜には桜花賞トライアルのチューリップ賞も行われる。ソウルスターリングが登場する注目の一戦。

アメリカジョッキークラブカップ2017予想オッズ

アメリカジョッキークラブカップ2017予想オッズで高配当を生み出す馬を狙うための基礎データに注目していきたい。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)が開催されるのは中山競馬場である。その中でも珍しい外回りコースを使った芝2200mという特殊なコース設定であるためいくつか注意しなければならないことがある。その点を気を付ければ逆に高配当を引き寄せることができるぞ。

まず、決定的なことと言えば【追い込み馬】に不利すぎるレースだという点。逃げが有利ということもないのだが追い込みよりはマシだ。一番無難なのは好位から中団で立ち回るオーソドックな立ち振る舞いのできる馬たちだ。その中でも1番人気より2番人気の方が実質1番人気のように好走している事実がある。実質1番人気の2番人気馬を中心にして狙うべき馬券を絞りこんでいくといいだろう。

1番人気が不振な理由として挙げられるのは、陣営が先を見て仕上げたり、冬場ということで仕上げが甘かったりといった人的ミスが多い点が理由としてある。休み明けは不利なレースなので順調に使われている馬を重視した方がいい。リアファルは割引きになる対象と言えるだろう。1番人気ゼーヴィントになるとこちらもオッズが死角になると言えそうだ。

冬枯れの芝になりやすい中山競馬場の馬場ではあるが、極端な内枠や外枠はあまり好走するとは言えない。1枠や8枠に入った馬は割り引いて考える必要がある。一番好走確率が高いのは3枠で、この好枠を生かすことができる幸運な馬の馬券を買っておきたいところだ。有力馬といえども過信できないレースだけに追い切りや調教師コメントには注意が必要と言えるだろう。8歳馬でも活躍できるだけに年齢で軽視しないようにきをつけたい。

フェアリーSで2万馬券を当てたkeibasite.comのデータ分析をあわせて見ていくと馬券的中につながりやすい。公開予想は2月から再開とのことでしばらくはお休みなのできをつけたいところだ。今までにない新しい形で投資競馬を実践しているだけに興味がある人はのぞいてみるといいだろう。

【ファンタジーS2016】最強牝馬ミスエルテ降臨

ファンタジーステークスの予想オッズは以下の通り。1番人気はミスエルテが圧倒的に押されており一強ムードがただよっている。デビュー戦で見せた瞬発力は大物を感じさせるものにふさわしかった。父は欧州の名馬フランケルであり血統的に日本には縁のゆかりもない。勝った繁殖牝馬にフランケルがつけられており、その仔が日本で生まれて走るため外国産馬という枠組みもなく日本産馬としてクラシック戦線を歩んでいくことができる。

ここまで大物と言える牝馬はレーヌミノルぐらいだった。そのレーヌミノルは東の重賞京王杯2歳ステークスを同じ日に走るという。ここでの結果が阪神ジュベナイルフィリーズへの人気に繋がっていくことは間違いない。すでに欧州ではフランケル旋風が巻き起こっており、日本でも産駒が走るというのは種牡馬としえt大成功するのは目に見えている。これから社台グループがフランケル産駒を買いあさるだろう。

もう1頭のフランケル産駒が牡馬にいる。ソウルスターリングはすでに2戦2勝と結果を残しており、これからの日本競馬に与える影響も大きそうだ。日本にはモーリスもいることから種牡馬いりが楽しみと言える。

2番人気以降はハービンジャー産駒が人気となっている。いまいち感がただよう血統になてしまったが毎年それなりの仔は送り出しているように思う。それでもデインヒル系としては物足りない成績で残念ながら低調という烙印を押されるのも時間の問題と言える。早熟というわけではなく、かといって晩生でもないような仔たちが人気となると馬券的には軽視してもいいのではないだろうか。

例年の傾向をデータで見ていくとスローペースになりやすいせいか前残りが頻繁に起きやすい。そういった点から単純に逃げや先行できる馬をピンポイントで狙っていく馬券戦術も面白いのではないだろうか。そろそろ時計が掛かり始めてきた京都競馬場だけに程良いクッションの中で行われる競馬は難解な一戦となりそうだ。あまり先につながらないという評判のファンタジーステークスだけにここで勝った馬は今後伸び悩む可能性は否定できないだろう。

そういった点から先々に走る馬よりも今ここでしか走らない馬を狙いべきレースだと言うことが出来る。少頭数もあり馬券的妙味は薄いものの不動の軸馬ミスエルテがいるだけにしっかりと狙い打つ馬券で小さい配当を大きな払い戻しにできるよう情報を集めていこう。週末は晴れの予想がでており雨の影響は考えなくていい。直線が平坦となる京都競馬場だけに追い込み馬からは狙わない方が賢明だ。

1 ミスエルテ 1.8
2 ディアドラ 4.6
3 ヤマカツグレース 5.5
4 ブラックオニキス 6.4
5 クインズサリナ 11.4
6 クールファンタジー 22.0
7 ドロウアカード 23.2
8 モンロー 42.6
9 ゴールドケープ 59.8
10 アオアラシ 84.0
11 メイショウカリン 96.2
12 ショーウェイ 176.1

スプリンターズステークス2016ビッグアーサー1.9倍

2016年のスプリンターズS予想オッズで単勝1番人気に支持されているビッグアーサー。1.9倍という高い評価を集めており軸馬はこの馬からで間違いないと考えられているようです。

2番人気は少し離れてミッキーアイルが6.4倍。3番人気以降は混戦模様というのが戦前オッズでの評価となっています。

父サクラバクシンオーの後を追ってスプリンターズS制覇となるかビッグアーサーの走りに注目です。以外にもサクラバクシンオー産駒のスプリンターズS制覇は今まで1度もなくラストクロップとなる同馬に大きな期待がかかります。

毎日王冠2016予想オッズはルージュバックが1番人気。ドバイでG1レースを制したリアルスティールは体調がともわないため回避となった。2番人気にアンビシャスが続きディープインパクト産駒が上位人気に支持されそうな情勢となっている。安田記念を制したロゴタイプは4番人気と人気は上がってこない。本番に向けてどうオッズが変わってくるのか注意深く見守る必要がありそうだ。

東京競馬場の芝1800mは持続戦になりやすいことから天皇賞秋でも好走する馬が多い。フロックでは勝てないレースと考えれば買える馬は限られてくる。休み明けの実績馬が多いだけに過信できないだけに調教と調教師や騎手コメントで勝負度合いを確認しておくべし。

人気 馬名 予想オッズ
1 ビッグアーサー 1.9
2 ミッキーアイル 6.4
3 ダンスディレクター 9.4
4 ブランボヌール 9.9
5 シュウジ 11.8
6 ネロ 14.2
7 レッドファルクス 16.8
8 ベルカント 19.6
9 レッツゴードンキ 21.1
10 スノードラゴン 25.2
11 ソルヴェイグ 34.2
12 ウリウリ 38.2
13 サクラゴスペル 71.9
14 サトノルパン 86.8
15 レッドアリオン 91.1
16 アクティブミノル 147.0
17 ラヴァーズポイント 303.0
18 ティーハーフ 309.4
19 ナックビーナス 540.0
20 ワキノブレイブ 594.0