カテゴリー別アーカイブ: 予想オッズ9

ヴィクトリアマイル2017予想オッズ分析

ヴィクトリアマイル20171番人気ディープインパクト産駒ミッキークイーン。牝馬では馬券圏内の馬で当然の支持だろう。1倍台でもまったく不思議のない馬。2番人気キングカメハメハ産駒レッツゴードンキ。最近の復調ぶりは本物という話。3番人気はディープインパクト産駒スマートレイアー。距離短縮ローテーションが裏目にでることも考えたい。

ヴィクトリアマイル予想オッズは以下の通り。

1 	ミッキークイーン 	2.0
2 	レッツゴードンキ 	6.6
3 	スマートレイアー 	7.1
4 	ルージュバック 	8.2
5 	クイーンズリング 	9.2
6 	アドマイヤリード 	11.1
7 	ジュールポレール 	13.6
8 	ウキヨノカゼ 	23.2
9 	ソルヴェイグ 	32.0
10 	フロンテアクイーン 	46.7
11 	デンコウアンジュ 	57.3
12 	アスカビレン 	57.7
13 	アットザシーサイド 	85.7
14 	オートクレール 	162.3
15 	クリノラホール 	267.6
16 	リーサルウェポン 	282.0
17 	ヒルノマテーラ 	414.8

皐月賞は出世レースであらず?

皐月賞に出走した馬の予後がよろしくない傾向がある。もともと早熟馬が多いせいだろう。

前々走の産経大阪杯で11着に大敗していたこともあり、前走のオープン特別・メトロポリタンS(東京・芝2400m)では12頭立ての7番人気と、あまり評価は高くなかった。レースでは、初めてコンビを組んだ吉田豊騎手が、後方でじっくりと末脚をためる戦法を選択し、最後の直線で外に持ち出されると、じわじわと味のある伸び脚を披露。好位から早めに抜け出していたニューダイナスティ(2着)をゴール前で交わし、さらに外から追い込んできたヴァーゲンザイル(3着)も抑え、ハナ+クビ差の大接戦を制して先頭ゴールイン。勝負強さをアピールした。一昨年の目黒記念を含め、東京・芝コースで3勝を挙げており、相性は良好。力の要るコンディションはあまり得意でないだけに、良馬場で出走したいところだ。

前走のダイヤモンドSは2着に敗れこそしたが、中身の濃いパフォーマンスだった。外枠(8枠15番)からのスタートで、前半は少し行きたがる面を見せたが、鞍上の戸崎圭太騎手がうまくなだめながら追走し、ペースが落ち着いたところで好位の外めまで進出。2周目の3〜4コーナーでスパートを開始して、最後の直線で早めに先頭に立つ積極的なレースぶりを見せた。優勝したフェイムゲームからは2馬身離されたが、3着のカムフィーには2馬身1/2差をつけており、高く評価していいだろう。本馬は、一瞬の切れ味よりも長くいい脚を使うタイプで、現役屈指のスタミナを持つ。キャリアを重ねて、以前よりも操縦性がアップした今なら、芝2500mに距離が短縮されても問題なく流れに乗れる公算が大きい。今回、重賞初制覇の大きなチャンスを迎えた。

フェブラリーS2017穴馬

フェブラリーステークス2017予想では誰しもが万馬券を獲りたいことだろう。そんな人たちに贈るとっておきの穴馬情報を仕入れたので参考にしてほしい。その名は・・・

ノンコノユメです。ノンコノユメで万馬券の夢を追う。ロマンティックじゃありませんか!。なんだかんだ言うてますが、去勢したての競走成績がイマイチなのはご存じのとおり。それは手術の影響が大きかったようでなかなか体調が戻り切れていなかったのが真相だったのです。競馬ファンからは去勢は失敗なんて言われてたけど効果ができるのはこれからなんだって。しっかり休みを取って相性のいいフェブラリーSに出走してくる。どうです?買いじゃないですか。

父トワイニングっていまいちだからと思う人もいるかも知れません。たしかにミスタープロスペクター血統は、あまり成長が見込めないという点は否めない。ハーツクライのいる母系だから地力はあるけど最近は活力が落ちてきてる血統でもあるから。それでも最近は少しずつ追い込みからは脱してきた感もあり競馬に行っての成長があるから上手くカバーできると思うんだ。

もうセン馬になったしG1レース制覇にはこだわらず使えるレースに参戦していく可能性が高いだけに勝負がかりとは言えないのかも知れない。だけど今までにない追い切りでの動きを見せてたら注意して欲しい。できればパドック診断も確認して欲しいけど無理ならkeibasite.comのパドック診断で確認するのがおすすめ!

東京競馬場のダート1600mこその主戦場な馬。しかも2017年はかなりの混戦になっていることからチャンスは少なからずある。過去の経験が生きてくるようなら思わぬG1レース制覇も期待しちゃう。引き続きルメール騎手が乗ってくれるといいんだけど。個人的には川崎記念を使わなかったのがポイント高い。じっくりと立て直すという意思表示だから。

馬主の山田和正さんは、3頭しか所有していないのにG1レース好走馬をつかんでるラッキーな人でもある。馬主歴は結構あるから持ち馬だけで撤退する可能性もありそう。最後オーナーにG1レースを獲らせてあげたいという感じで加藤征弘の厩舎一丸で頑張っている可能性もある。とにかくフェブラリーS2017予想で迷っているのなら無条件で馬券には入れておいて欲しい。絶対に後悔はさせないから。

ジャパンカップ2016予想オッズの狙い馬

2016年のジャパンカップは外国馬3頭が来日する寂しいレースとなっている。コマーシャルで煽っているような日本VS世界という構図になるのも容易ではなさそう。その外国馬も実績的には劣るメンバーで日本の馬場適性は不透明となっている。あまり積極的に狙える要素はないことから3連単馬券のヒモに加えておくなどで対処した方が良さそうだ。

ハッキリ言って日本馬の場合は順調な馬が揃ったことから予想オッズからして割れており狙い撃ちして買うのは結構リスクがある。どちらかと言えばボックス馬券の方が無難と言えるだろう。それだとオッズが割れるのは明白なだけに大きなプラス回収は望めなくなるは払い戻しゼロよりかはマシかは自分の買い目と相談する必要がある。どうせトリガミになるのなら小額で穴をねらっていくという思い切った馬券戦術もある。ジャパンカップは底が見えない3歳馬も参戦してくることからこだわりすぎても裏目にでそうだ。

かつてのジャパンカップは外国馬が強かったものの、ここ10年ほど外国馬が絡んでいないように日本産馬のレベルアップは著しいと言えよう。それに加え馬場の硬さが指摘されるところだが近年のジャパンカップではエアレーションを施すなどの対策が取られており、この点が外国馬にとって有利に働く可能性はゼロと言えない。そういった点から必ずしも外国馬をすべて軽視するという作戦が上手くいくとは限らないことを念頭に入れておくべきだろう。

さて、2016年のジャパンカップで狙いたい馬はどの馬か色々と検討してみたところ出した結論はサウンズオブアースの複勝である。なんだそのセコイ馬券はと思うかも知れない。確かにセコイが思い切って馬券の軸馬とすれば高配当も狙うことができる。さすがに3連単などの頭馬券までは考えづらいのだが、これだけ差がなく走っている馬が人気落ちを拾っておいても損はしないのではないだろうか。特に日曜は雨予報となっておりドロドロの馬場も十分に考えられる。そのどろんこ馬場で日本ダービーを制したネオユニヴァースを父に持っていることを考えれば悪くない選択だと自分じ自分をほめたい気持ちだ。

何言ってんだ、やかましいわとツッコミいれたあなたの買い目は何ですか。そんなに人をバカにできるものなんですか。最近の競馬ファンは、人をバカにするような人が増えてきていないだろうか。この馬を買うのは素人といって小ばかにするメンタリティは、かつて三国人と言われていた人たちの姿とかぶる。これだけ景気が悪くなった政府を攻めずに安倍マンセーを繰り返すフラストレーションを下に向けるというのはいかにも日本人らしい。そういった意味でもジャパンカップのガラパゴス化は小さいメンツを守るために構築された壁と言えるのかも知れない。

これだけジャパンカップ上位の予想オッズが接戦になることは分かっていたものの実際に見ていくと馬券戦術の難しさが理解できる。なにを買うべきかよりジャパンカップ2016で確実に消せる馬をまずは選ぶことから始めたい。まずジャパンカップで好走しないタイプというのは例年の傾向からは難しいため、純粋にレース実績を考慮して競馬予想から必要ないと思う馬をジャパンカップ馬券から弾いてみてはどうだろうか。ジャパンカップ2016枠順確定していることから少しずつジャパンカップ2016競馬予想を進めていく人が多いだろう。その中でこれはないなと思った馬は最初に消してしまいジャパンカップの日だけ存在を忘れてしまおう。こうすることで頭の中で競馬予想が整理されジャパンカップ2016予想がクリアになってくるはず。

最近はどのレースでもサンデーサイレンス系が主力になっているが、過去のデータを見ると重馬場になれば話が変わってくることに気づいた。ジャパンカップ2016予想で血統を持ち込むのは日曜に雨マークがついて天候が崩れそうだからだ。過去のナツい競馬予想を振り返ってみるとアドレナリンがかけ巡ってくるのはエピファネイアが勝ったジャパンカップだろう。あのジャパンカップのパドックでは酷く入れ込んでおり体力的に厳しいと思われた。それなのにフタをあけてみれば掛かりながら圧倒的なパフォーマンスを見せたのを覚えている競馬ファンは多いだろう。雨が降ってくればディープインパクト産駒の一強体制は崩れると考えている。そういったジャパンカップの思い出を振り返りつつ2016年の競馬予想を固めていって欲しい。参考サイトではジャパンカップ2016予想がレース発走前に見られるのでチェックしておいた方がいいだろう。

 

1 1 1 キタサンブラック 4.6 1.11.2
2 5 9 ディーマジェスティ 4.6 1.42.3
3 2 3 ゴールドアクター 4.8 2.75.0
4 8 16 リアルスティール 5.7 1.52.6
5 2 4 ルージュバック 9.8 4.58.4
6 8 17 シュヴァルグラン 15.6 6.011.5
7 6 12 サウンズオブアース 16.4 4.68.7
8 4 7 ワンアンドオンリー 17.2 2.54.5
9 7 14 レインボーライン 28.3 3.46.3
10 3 6 ラストインパクト 36.0 5.911.3
11 4 8 イラプト 46.4 6.813.2
12 8 15 ナイトフラワー 54.4 10.620.7
13 5 10 トーセンバジル 69.4 8.015.6
14 1 2 ビッシュ 72.4 10.720.9
15 3 5 イキートス 92.6 15.330.2
16 6 11 フェイムゲーム 119.9 15.330.2
17 7 13 ヒットザターゲット 177.0 46.591.9